ダイエットの食事 味噌汁ダイエット

【味噌汁ダイエット】小松菜とあげとシイタケと豆腐とキヌサヤのお味噌汁

更新日:

①おかずを食べる前に お味噌汁を飲む。

毎日ではないんですけど 1週間のうち2-3回は意識しています。

②食べ過ぎたときの翌日、翌々日あたりの夕食は 「味噌汁だけダイエット」で体重をもどす

これは この「週報」で記事にしたのですが 味噌汁だけダイエットを取り入れることによって 食べ過ぎて一気に1kgちょっと増えた体重が

ぐーんと減り、元に戻りました。




今日のお味噌汁

小松菜とあげとシイタケとお豆腐とキヌサヤのお味噌汁

作り方

  1. 我が家の基本の味噌汁の作り方で作っています。
  2. 小松菜の葉っぱの部分ときぬさやは 一番最後に入れます。(煮すぎると緑色がくすんでしまうから)
  3. だしに 小松菜の茎の部分、しいたけ、あげ、とうふをいれて 野菜に火が通るまで煮る
  4. 最後に小松菜の葉っぱときぬさやを入れ 約1分ほど煮て(50秒ぐらいでもOK) 火を止めます。
  5. 味噌を溶いて入れます。

お味噌を入れるときは 火を止めてから入れましょう。

こうすることで お味噌の風味がとばず おいしいお味噌汁が作れます。

お味噌ってどれだけ入れたらいいの~?

我が家は 「みそこし」を使って お味噌を溶いています。味噌の量は 長年の感で 適量です~。←これって難しいですよね。

なので うすいときも濃いときもあるのですが そこは まあいいか~の適当料理でやっています(笑)

お味噌汁の量が簡単に測れる便利グッズ

お味噌汁を普段からあまり作らなくて 適量が一番むずかしい~って思われる方は こんな便利な商品がでてるんですよ~。

我が家にも あるのですが 娘に味噌汁の作り方を教えるときに使っています。

お味噌に差してクルンと回すだけで計量できちゃうマドラーなんです。

上と下が大きさが違う計量部分がついていて 大きい方で 大さじ2、小さい方で 大さじ1がはかれるので いつもお味噌汁の味が一定で簡単。
自信をもって作れます♪

だしの量に対して 大きい方で1回、小さい方で1回(大さじ3杯分の計算ですね^^)などと 我が家の味噌汁の量を覚えておくと 失敗はないかと思います。

お味噌汁の関連本

新聞で紹介されていた お味噌汁の本です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




キーワードで探す

-ダイエットの食事, 味噌汁ダイエット
-

Copyright© 50代からはじめたダイエットブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.